「終活の書」
人生最後まで
感謝と笑顔で
包まれたい方へ

 

〜毎日が楽しく前向きで
生きていける終活の書〜

人生の終わりのためのものではなく
今を生きるあなたを輝かせるためのものです

 

 

体験講座に申し込む

終活の書と聞くと
  何を思いますか?

 

エンディングノートが一番身近に終活と結びつくのではないでしょうか?

エンディングノートと終活の書では目的が全く異なります。

エンディングノートは『残された人のため』のものです。

終活の書は『今のあなたのため』のものです。

残された人のためにあなたの財産や保険などの遺産相続や伝えたいことを書くのではありません。

今のあなたが心踊り教養を深め実りある日々を送るための書なのです。

書の経験は全くなくても大丈夫です。

あなたは人生を毎日
無駄に過ごしていませんか?

✅朝起きて、今日も一日ただ無目的で過ごす欠落感

✅人から必要とされない疎外感

✅社会との関わりが切れてしまった喪失感

✅自分の生きる目的が見つからない虚無感

✅家族や友人との縁が途切れた孤独感

趣味の手芸や絵画書道などをたしなみながら家族のために捧げる時間と労力にたまに舌打ちしたくなりながらも、これが幸せというものかな…

企業戦士といわれ接待や営業に明け暮れた時代
時間ができたら好きな釣りを心ゆくまでやりたいなぁ…と思いながら時間ができてもなかなか手が回らない…

あなたの人生は、今、幸せと胸を張って言えますか?

終活の書は
あなたの毎日を
輝く人生に
導きます

 

✅前日の夜から次の日の朝が楽しみになる高揚感

✅他人との関わりの中心に自分がある連体感

✅社会に必要とされる責任感

✅今世を全うするための使命感

✅関わる人全ての慈愛に包まれた安心感

あなたの人生に意味を見出して、あなた自身が最後まで人に貢献し、そしてあなた自身が充実する輝く人生を送りませんか?

終活の書とエンディングノートの違い

 

終活の書は、あなたの人生を最後まで楽しくワクワクさせる講座です。

「終活の書」は、あなただけの特別な本を作ります。
全7章と4コラムで構成されています。

 

第1章 春の章(生まれてから15歳まで)

第2章 夏の章(中学卒業から22歳まで)

第3章 秋の章(社会人になってから)

第4章 親の章(今親に伝えたいこと)

第5章 楽しみの章(「楽しい」考えてみる)

第6章 喜びの章(嬉しかったことを振り返る)

第7章 感謝の章(感謝を伝えたい人に)

我流(われりゅう)の人生①

我流(われりゅう)の人生②

我流(われりゅう)の人生③

我流(われりゅう)の人生④

 

終活の書は、あなたの生きる希望です。

 

体験講座のご案内

あなたも終活の書を体験してみませんか?
体験講座では

第1章 春の章

の文字を見つけてみます

例えばこんな風に書くというレクチャーもいたします。

体験講座に申し込む

私の想い

人生の後半になると
なぜだか諦めてしまい急に輝きを失う。

こんなご経験やご友人の方などいらっしゃいませんか?

知り合いの終活のお手伝いをしていて
せっかく今生きていて
その時間消化するだけでは勿体無い。
心からそう思いました。

人には必ず訪れる最後の時まで
あなたらしく生きて
充実した日々を送っていけたら
どんなに幸せなことか?

最後まで充実して幸せであることは
あなただけではなく
あなたの家族や友人や社会も
幸せにすることにつながります。

「終活の書」はあなた自身が素敵な人生を送るための本となります。

あなたがあなたらしく
そして後悔のない輝く幸せな人生を
送るために『終活の書』を作ってみませんか?

あなたの人生が最後まで輝く
お手伝いをさせていただくことが
私にとってこの上ない喜びです。

輝く明日のあなたを

書道ができてもできなくても
素敵な作品の本が出来上がります

それはあなたらしさのつまった
半生を彩るものとなります

体験講座に申し込む